ヌートバーは日本語話せる?通訳は大谷担当の水原一平さんがサポート

ヌートバー

2023年3月〜始まるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。日本代表には大谷翔平選手など海外で活躍している一流選手も選ばれています。サッカーワールドカップが終わった後にまたもスポーツの世界大会が。3度目の優勝もかかっていますし楽しみですよね。その日本代表にカージナルスのラース・ヌートバー選手が選ばれました。

「誰?」っと知らない方も多いのでは無いでしょうか?見た感じ日本人では無さそうで・・・。アメリカのチームでプレーしているので日本語喋れるのかな?日本代表に入って大丈夫なのかな?と心配している方が沢山居ますよね。

今回はカージナルスのラース・ヌートバー選手は日本語が話せるのか?と家族を調査しました!

ヌートバーは日本語話せる?今は日本語勉強中!

ラース・ヌートバー選手はカリフォルニア州エルセグンド出身。日本語はほとんど話せません。

「オハヨウ、イチ、ニ、サン、シ…、など初歩的な言葉は話せる。もう少し学びたい」と日本語を猛勉強中であることも明かした。

スポニチ
日本語の勉強

ヌートバー選手の母親が日本人なのでWBCで唄う「君が代」も母親が歌って居るので自分も繰り返し真似して歌っているそうです。

少しづつですが、日本語も身について居るようですね!

ヌートバーは日本語話せる?通訳は大谷担当の水原一平さん!

野球はチームでするスポーツです。コミュニケーション能力が求められるので日本語がほとんど話せないヌートバー選手は大丈夫なのでしょうか?

皆さんもコミュニケーションの面で心配していますよね。しかし強力な助っ人が!

日本語はうまく話せないため、日本代表での活動中は大谷翔平(エンゼルス)の通訳を務める水原一平氏がサポートするようだ。

朝日新聞
水原一平と大谷翔平
左:水原一平、右:大谷翔平

水原一平さんは、2017年に大谷さんのエンゼルス移籍に伴い日本ハムを退団。大谷翔平さんの専属通訳となりました。

5年間もメジャーリーグで大谷翔平さんのサポートをしている水原一平さん。安心してヌートバー選手の通訳も任せられそうですね!

ヌートバーは日本語話せる?母親が日本人のハーフ!

ヌートバー選手のお母さんは日本人です。母の久美子さんの実家は埼玉県にあります。ムートバー選手の幼少期の頃は年に1度埼玉県を訪れたそうです。

ヌートバーの母久美子さん

ヌートバー選手は幼い頃から日本に慣れ親しんでいた様です。

一方、父のチャーリーさんはオランダ系日本人です。チャーリーさんは大学時代に日本語を専攻していたそうで日本語が流暢な様です。

ヌートバー選手は母が日本人、父がアメリカ人のハーフです。日本名は祖父の名前にちなみ「榎田達治」です。

ヌートバーは日本語話せる?8歳の時に日本代表の夢を抱く!

ヌートバー選手が8歳の時、高校生の日本代表親善試合が行われました。その時のホストファミリーがヌートバー選手の家だったとか!

ホストファミリーを務めるヌートバー家族

ヌートバー選手が8歳の時に田中将大選手や斎藤佑樹選手との出会いがあったそうなんです。

田中将大とヌートバー
斎藤佑樹とヌートバー

そしてこの出会いに影響されてヌートバー選手は野球で日本代表になりたいという夢を抱くようになりました。

日本代表になる夢を抱くヌートバー

こんなエピソードもあってヌートバー選手は日本代表に選ばれたのかも知れませんよね!

また栗山監督がヌートバー選手を日本代表に選んだ理由が他にもありました。

Kuriyama said he has been in a disconsolate mood watching the Russian-Ukrainian war.

He said that he started to realize his responsibility to tell children that having someone with a different background as a friend and a teammate is, and should be, normal. It will also help realize a world with less conflict.

“One of the powers of sports is to show that human beings are one,” Kuriyama said in the interview.

Nootbaar has limited Japanese speaking ability.

Showing children not only how the team is playing to win a championship but also how other Samurai Japan members accept a player like him and become “one team” together is important, Kuriyama said in the interview.

朝日新聞
日本語訳

栗山氏は、ロシアとウクライナの戦争を見て、憂鬱な気分になっていると語った。

彼は、友人やチームメイトとして異なるバックグラウンドを持つ誰かを持つことは普通のことであり、そうあるべきだと子供たちに伝える責任があることに気付き始めたと言いました. また、紛争の少ない世界の実現にも役立ちます。

「スポーツの力の 1 つは、人間が 1 つであることを示すことです」と栗山はインタビューで語った。

Nootbaar は日本語を話す能力が限られています。

優勝に向けたチームのプレーだけでなく、他の侍ジャパンのメンバーが彼のような選手をどのように受け入れて「1つのチーム」になるかを子供たちに見せる。

栗山監督はロシアとウクライナの戦争に心を痛めています。こんな悲しく悲惨な事が起きないようにと願いを込めた人選だったのです。

野球やスポーツの力で紛争が少ない世界にしたい。それを日本代表の姿で子どもたちに見せる。

そんな栗山監督の気持ちを表している人選だったのです。

そういう細かい事も知っておくと、もっともっとWBCが楽しめますね!

大谷翔平選手の実況が面白い記事はこちら。

森本稀哲は本名?の記事はこちら。